ショパンウェブ > ショパンの代表作品

雨だれの前奏曲(プレリュード)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年1月 2日

あまりにも有名な雨だれの前奏曲(プレリュード)。ショパンがマジョルカ島にサンドと滞在していた際に作曲されました。

雨だれの前奏曲(プレリュード)無料楽譜をダウンロード

この曲の「雨だれ」というあだ名の由来は大変有名です。ある日、ショパンは滞在先の教会で一人作曲をしていた。一方サンドは外出していた。突然豪雨が降り出し、ショパンは激しい不安に襲われた。サンドの身に何かあったのではという妄想にとりつかれた。しかし、実際は何事もなくサンドは帰ってきた。

この時に降っていた雨音の規則的なリズムがショパンに霊感を与え、曲の基調になったでは?というのが雨だれのエピソード。話がどこまで本当かは不明。むしろうさんくさいように思います。

俗に言う「雨だれ」。旋律はショパンの残した中でも指折り。しかし単に甘いだけではなく、その甘さの中には哀しさが潜んでいます。今にも崩れそうな脆く哀しい旋律です。そして最も注目すべきは中間部でしょう。嬰ハ短調に転調し、一変して死の足音が、極めて不気味に、静かに響く。不安は爆発しffとなります。それも一度だけではなく二度も爆発するのです。

爆発後の右手の旋律は胸がはりさけんばかりの苦しさ。最後に弱々しい希望の光が降る。この曲が理解できれば、ショパンの全ての音楽を理解できるようになる。私はそれだけ奥が深い曲だと思うのです。余談ですが、「前奏曲」と「プレリュード」は同じ意味です。

まとめ

雨だれ収録CD

B000091LCR

アシュケナージの演奏によるロングセラーのCDです。

別れの曲、革命、英雄ポロネーズ、幻想即興曲、木枯らしなどのショパンの代表作品は全て収録されています。ショパンの名曲を手っ取り早く知るには最適のCD。

演奏は世界でも指折りのピアニストであるアシュケナージ。現在では指揮者として活躍している音楽家です。アシュケナージの達成したショパン全集の中からの抜粋になります。オーソドックスで真摯なアシュケナージの演奏は初心者でも違和感なく、安心して聴くことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

TWITTER

ベストセラー

ショパン名曲集 ショパン名曲集
アシュケナージによる最高のショパンの名曲集です。初心者に最適のCDです。
ポリーニ ショパンエチュード集 ポリーニ ショパンエチュード集
史上最高のショパンのエチュード集として名高い、ポリーニの名演。圧倒的な集中量が感じ取れます。
ホロヴィッツ・ショパン・コレクション ホロヴィッツ・ショパン・コレクション
ホロヴィッツによる、問答無用で最高のショパン。やや録音が古いが選りすぐりの名演です。

Profile

シロトリュフ @ShiroTruffe | Webコンサルタント・シロトリュフ

神奈川県横浜の生まれ。職業ウェブコンサルタント。好きなものはワイン、シャンパン、美味しい食べ物、クラシック音楽。自己紹介はこちら

TOP | お問い合わせ | メルマガ | サイトマップ |