ショパンウェブ > ショパンの代表作品

子犬のワルツ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年1月 2日

子犬のワルツはあまりにも有名な愛らしいショパンのワルツです。

子犬のワルツとはポーランド生まれの作曲家ショパンが晩年に作曲した愛らしいワルツ。ショパンは、恋人のジョルジュ・サンドの飼っている仔犬が自分の尻尾を追い掛け回す様子を見て作曲したという逸話が残っています。

しかし、この話はただの言い伝えであり証拠はありません。正式にこの曲を呼ぶなら「ワルツ 変ニ長調 作品64-1」という何の色気もない呼び方になってしまいます。ショパン自身が"子犬のワルツ"と名づけたわけではないのです。繰り返しになりますが、ただの言い伝えでしかありません。

この愛らしい小曲は生命力に溢れていますが、ショパン自身の作曲当時の体調はあまりおもわしくありませんでした。ショパンが世を去ったのは1849年であり、この曲が作曲されたのは1846年から翌年にかけてです。

当時ショパンは肺病に悩まされていました。ショパンがいつ自分の死期を予感したのかは分からないが、すでに自分の健康にたいして不安のあったショパンは自分の理想とする活力溢れる生命力を曲に込めたのかもしれない。短いワルツですが、非常に親しまれているピアノ曲です。

まとめ

子犬のワルツ 収録CD

B000091LCR

アシュケナージの演奏によるロングセラーのCDです。

別れの曲、革命、英雄ポロネーズ、幻想即興曲、木枯らしなどのショパンの代表作品は全て収録されています。ショパンの名曲を手っ取り早く知るには最適のCD。

演奏は世界でも指折りのピアニストであるアシュケナージ。現在では指揮者として活躍している音楽家です。アシュケナージの達成したショパン全集の中からの抜粋になります。オーソドックスで真摯なアシュケナージの演奏は初心者でも違和感なく、安心して聴くことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

TWITTER

ベストセラー

ショパン名曲集 ショパン名曲集
アシュケナージによる最高のショパンの名曲集です。初心者に最適のCDです。
ポリーニ ショパンエチュード集 ポリーニ ショパンエチュード集
史上最高のショパンのエチュード集として名高い、ポリーニの名演。圧倒的な集中量が感じ取れます。
ホロヴィッツ・ショパン・コレクション ホロヴィッツ・ショパン・コレクション
ホロヴィッツによる、問答無用で最高のショパン。やや録音が古いが選りすぐりの名演です。

Profile

シロトリュフ @ShiroTruffe | Webコンサルタント・シロトリュフ

神奈川県横浜の生まれ。職業ウェブコンサルタント。好きなものはワイン、シャンパン、美味しい食べ物、クラシック音楽。自己紹介はこちら

TOP | お問い合わせ | メルマガ | サイトマップ |