リスト/超絶技巧練習曲S.139のレビュー

この商品をチェック

カスタマーレビュー
おすすめ度
6レビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 タイトル通り複雑で素早く激しい演奏・・・, 2013/5/2
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: リスト/超絶技巧練習曲S.139 (CD)
リスト作曲の前半の4曲は、タイトル通り複雑で素早く激しい演奏だ。これで「練習曲」というだから開いた口がふさがらない。

しかし1度や2度聴いても、また拙宅のような、貧弱な並以下のステレオ装置では、にわかに凄さを実感できない演奏である。

むしろ私が好きなのは、8曲目の「ゴルチャコフ即興曲」と9曲目「メフィスト・ワルツ 第1番」だ。特に後者はテクニカルで起伏に富み、予測不可能な展開が面白い。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 感動ものです!, 2013/7/23
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: リスト/超絶技巧練習曲S.139 (CD)
いつもながらの安定感と音のクリヤーさに脱帽です。ベートーヴェンの3大ソナタと並ぶかそれ以上の完成度。でも人間らしさも他の作品より
多く感じることができました。練習曲”全集”ではないんですね。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


25 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 「鬼火」は素晴らしい!けど・・・, 2005/2/20
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: リスト/超絶技巧練習曲S.139 (CD)
「鬼火」は素晴らしい出来。この曲のベスト演奏だろう。
「メフィストワルツ第1番」も後半の跳躍部分が安定しており(しかも速い)なかなかの出来。
しかし、「超絶技巧~」の1,2,8,11番などはアシュケナージがリストを苦手にしていることがもろに分かってしまう演奏で残念。
手が小さいことも影響しているのだろうが、ぎくしゃくしているというか、かなり弾きにくそうな印象を受ける。
レパートリーが異様に広いアシュケナージだが、リストだけは合わなかったようで、録音も二十歳頃に録音した「鬼火」「メフィスト」(testamentから出てるやつ)とこのCDくらいしかない。
プロコの7番もポリーニと比べてしまうとちょっとなあ、という感じ。
総合的にはお勧め度は星3つくらいが妥当だと思うが、「鬼火」だけは聴いておきたい。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


あなたのご意見やご感想を教えてください:
 カスタマーレビューを見る(6)

この商品をチェック