ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集のレビュー

この商品をチェック

カスタマーレビュー
おすすめ度
12レビュー


星3つ
0

星2つ
0

星1つ
0


5つ星のうち 5.0 アシュケナージ好き, 2017/9/24
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集 (CD)
素晴らしい。 4番や5番が有名ですが、
第1番も大好きになりました。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


78 人中、72人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 デリケートでストロングそしてインテリジェンス, 2003/12/3
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集 (CD)
本当にピアノの上手い人だと思う。
練習の虫だったと聞いているが、かなりの深部に至るまでベートーヴェンを理解しているピアニストだと思う。特に後期ベートーヴェンのピアノ解釈ではナンバー・1なのではないだろうか。
その意味でこの全集に「6のパガデル」が付け足してあるのはとてもイイ。
肝心の協奏曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲でも最高峰の一つだと言っていいだろう。だだし個人的には私はメータの押しの強い指揮ぶりには少し閉口するのだが・・・・・
しかし、そのメータの男性的なダイナミックな表現にもアシュケナージの力強い演奏は一歩も退くことなく、これを征し、且つデリケートな部分にいたってはこれほどまでに美しくベートーヴェンを歌い上げることが可能なのかと感動させられてしまう。
もう一人の名ピアニストにマウリィツオ・ポリーニがおりベートーヴェンの協奏曲演奏では君臨しているが、これは好対照のライバルであり、どちらが上とかそういう次元ではなく、この性格のまったく異なる二人のどちらもが真のベートーヴェンを表現し得ていると私は思う。
聞き比べるとゾクゾクします。
昔、ある大作曲家が自分の作品が二つの楽団でかなり違った解釈で演奏されたのを聴いたそうだが、その作曲家は「どちらも良ろしい。」と言ったそうだ。
最近、また昔の名演奏が再評価され売れているようであるが、ピアニストとしてのアシュケナージの存在はやはり傑出していると言わざるを得ない。
レコード・アカデミー大賞を獲得したアルバムとのことですが、そのような肩書きはもはやいらないでしょう。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 未知の体験, 2016/7/21
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集 (CD)
ヴィオリン楽曲とベートーベン交響曲7番・8番・4番・・・大好きで毎日必ず聴いています。そんななかで三時のおやつに必ず食べるものがあります。それと同様に協奏曲5番も聴きたくなります。そんな感性(体が欲するもの)を与えてくれたCDです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ


あなたのご意見やご感想を教えてください:
 カスタマーレビューを見る(12)

この商品をチェック