ラフマニノフ・プレイズ・ショパンのレビュー

この商品をチェック

カスタマーレビュー
おすすめ度
5レビュー

星4つ
0%

星3つ
0%


星1つ
0%


7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ラフマニノフのショパン, 2014/4/29
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・ショパン (CD)
まさに、ラフマニノフのショパン解釈の記録である。
しかし、ラフマニノフは作曲家としての解釈は見事で特にワルツ 8番はその白眉。
聞く価値がある名盤

7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 聴いてみないとわからない, 2014/1/27
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・ショパン (CD)
こんなショパン、初めて聴いた感じです。
古い音源のせいか、空気感があって、独特の感性がとても伝わってきます。
ちょっとジャズな感じもするのに、一音一音はっきり聞こえて、ソリストの技術の高さを感じました。

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「No2は沢山居る、私もその一人だ、しかしNo1と呼べるのはラフマニノフただ一人だ」とホロビッツが断言したピアニスト。, 2017/6/2
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・ショパン (CD)
購入5年後のレビューです、内容が素晴らしいのでレビューを書きたくなりました。

ラフマニノフと言えば自作自演のCDばかりが取り上げられる様ですが....
ピアニストだった彼が弾くこのショパンには違った彼を見つける事が出来る、
それはこの時代に彼の腕前を持って出来る彼だけの表現方法だ。

ソナタ2番やOP68-2等.....
(68-2はミケランジェリーもルービンシュタインもMONOで残しています、聴き比べの価値有り、違いは誰でも判る程、尚ミケランジェリーはDVD有り)

音質は良いとは言え無いが充分聴くに耐える。
 (最後の何曲かの音質は昔をしのぶに涙をさそう音です)

最近の、録音音質は良いが表現内容は余り...、と後悔するピアニストのCDを買うならば、
このCDを買う方が余程音楽の心に触れる事が出来るでしょう。
下手に音源を触りノイズを取り除いた近代化した音源よりは、アナログの中に演奏者との会話が出来る。
コルトーやリパッティのSPを聴き慣れた人ならばこのCDでChopinがより輝くでしょう!
超一流名ピアニストが表現する見事な感性のChopin!

余り価格も高く無いので「考えるならば買う事」を勧めます。
私が実感した事でした。

(余談) ホロビッツの大成功だったモスクワ公演で彼に訪ねた談話が有る。
「貴殿が思う世界No1のピアニストは?」
質問者はホロビッツのユーモアを期待して、自分を指差すのでは無いかと思ったらしいが......、
又、彼の謙虚さから、誰かの名を出すのではと興味深深だったらしいが.......、
彼は、鋭い表情で憤然と言い放った。
「No2は沢山居る、私もその一人だ、しかしNo1と呼べるのはラフマニノフただ一人だ」

ラフマニノフがホロビッツに語った話しでは「君は3番を私の表現したい事を私よりも完璧に表現してくれた、ぜひ他の協奏曲も演奏を」
と依頼したが、彼は何故か録音は3番だけ数回(名演揃い)残しただけだった→「ウラディミール・ホロヴィッツ... 続きを読む

あなたのご意見やご感想を教えてください:
 カスタマーレビューを見る(5)

この商品をチェック

プレイズ・ショパンのレビュー

この商品をチェック

カスタマーレビュー
おすすめ度
1レビュー
星5つ
0%


星3つ
0%

星2つ
0%

星1つ
0%


5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 すさまじいノイズの向こうから, 2004/4/18
レビュー対象商品: プレイズ・ショパン (CD)
 作曲家としてのラフマニノフは19世紀のロマン派を継承していたが、ピアニストとしては珍しいタイプだろう。余計な装飾やしつこい表現はほとんどないし、技巧をひけらかすような特異な演奏もしない。現代でこそ普通だが、当時ではかなり前衛的なほうだったと思われる。
 そんな彼の演奏を収めたCDを聞いて「冷淡だ」と評する人もいるが、そうは思わず、むしろかなり情熱的だと思う。たしかにさらりと弾き飛ばしてしまう部分もあるが、時折ものすごく濃厚な演奏をすることがある。たとえばソナタの第3楽章(葬送行進曲)や、バラードの3番。ずっと静かな演奏していたと思ったら、曲の中間部で突然爆発するように濃厚な表現をし、そうかと思うとまた最後はさらりとした表現で弾き流す。こういう部分を見ると、冷淡な演奏をしていたというより、常に情熱的な演奏になってしまいそうなのを必死で押さえていたのではないかと考えてしまう。ちなみに、そういう濃厚な表現の部分の迫力はすごい。想像を絶するすごい力に、ピアノがうなり声を上げながら、かろうじて耐えているような感を受ける。
 ただ、やはり気になるのはノイズ。曲ごとに原盤が違うのだが、状態の悪いものだとピアニシモが聞こえなかったりする。だが、状態が比較的いいものもある。いずれにせよ、録音されたのが1910~20年代ではしょうがない。貴重な音源であることに間違いないが、ノイズをおしてまで買うかどうかは判断が分かれるところである。

あなたのご意見やご感想を教えてください:
 カスタマーレビューを見る

この商品をチェック

ラフマニノフ・プレイズ・チャイコフスキー/メンデルスゾーン/ショパン/シューベルト、他のレビュー

この商品をチェック

カスタマーレビュー
おすすめ度
3レビュー


星3つ
0%

星2つ
0%

星1つ
0%


2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 甦ったラフマニノフ, 2006/3/30
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・チャイコフスキー/メンデルスゾーン/ショパン/シューベルト、他 (CD)
聴いて驚いた! まるでラフマニノフが生き返って演奏しているようだ。ラフマニノフが残したピアノロールの情報を電子技術で再生してベーゼンドルファーのインペリアルを鳴らしてディジタル録音した物と聞けば何か人為的な操作で作りあげた贋物の様に思う人もあるだろうが実際に聞いてみるとこのように美しいピアノの響きはラフマニノフ以外の如何なる余人の作為によっても生み出せない物である事は直感的に判る筈だ。 その演奏は盛時のホロビッツのようなスリリングな名人芸とは異なり、大人が赤子をあやす様な底知れぬ技巧と表現力に舌を巻かざるを得ない「巨大な演奏」とでも言うべき物である。 楽器も録音技術も

最高レベルのものであり殊に弱音のハーモニーの美しさはラフマニノフの繊細な美意識を伝えて余すところが無いと思える。 ピアノ愛好家必聴の1枚です。

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 さっすがラフマニノフ, 2004/10/26
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・チャイコフスキー/メンデルスゾーン/ショパン/シューベルト、他 (CD)
ショパンの曲もチャイコフスキーの曲もバッハの曲も作曲家の意図を無視してラフマニノフ自身が作曲したかのように演奏されている。こんなことでいいのか?と思う反面、もっと自由に好きなように弾いていいんだよと許可を与えられたような気がして嬉しくなる一枚。

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ラフマニノフの音に感動!, 2004/8/12
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ラフマニノフ・プレイズ・チャイコフスキー/メンデルスゾーン/ショパン/シューベルト、他 (CD)
名曲がたくさん入っているのは嬉しいことですが、更に、あのラフマニノフの演奏を当時そのままを再現してあるのは、非常に嬉しいことです(>_<)同じ名曲でもラフマニノフが弾くとここまで違うものかと感動しました☆ミすばらしい音色の聴けるCDです。是非、購入してください>^_^<

あなたのご意見やご感想を教えてください:
 カスタマーレビューを見る(3)

この商品をチェック