アシュケナージ ベートーヴェン ピアノ・ソナタ<ワルトシュタイン><テンペスト><告別> Vladimir Ashkenazy

> ショパンウェブ・オンラインショップ > ヴラディーミル・アシュケナージ Vladimir Davidovich Ashkenazy

  • <$mt:EntryTitle$>

スポンサーリンク

レビュー(別ウィンドウで開きます。10秒ほどかかります)

アシュケナージのベートーヴェンは切れのあるテクニックの中に、どこか柔かい音がする。ラフマニノフやショパンの演奏とはどこか違うテイストがする。重すぎず、軽すぎず、それでいて、どこまでもベートーヴェンらしく、アシュケナージらしい。様々な表情を見せるベートーヴェンのソナタだが、アシュケナージはピアノを鳴らしきってそれを表現している。

ヴラディーミル・アシュケナージ Vladimir Davidovich Ashkenazy

トップページへ
コピーライト